4K液晶テレビ(東芝58Z20X)購入・その1

この11/26(土)に、予定通り4K液晶テレビが届いた。購入したのは東芝58Z20Xだ。

画像
今回、このテレビ選びはかなり難航した。特に決めていたメーカーや機種があったわけではないので、ものすごく久しぶりにAV機器情報雑誌を購入したりして、情報収集に努めた。AV REVIEWはビジュアルグランプリ、HiViも冬のベストバイ特集号だったのでちょうどよかった。

ターゲットは、55~60インチくらいのサイズ。これまで使っていたのは47インチなので、できれば10インチ以上はアップしたいところだ。

上記情報誌や価格.comのクチコミを見て、事前に候補に挙げたのは、
 本命:パナソニック VIERA TH-58DX950 (最安値\349,000)
 対抗:ソニー BRAVIA KJ-55X9300D (最安値\204,000)
の2モデル。シャープ、東芝はこの時点では頭になかった。

ただ、テレビは実際に見て触って確認してみないと、ネットや本の情報のみで判断するのはとても危険だと思っている。なので、11/19(土)に実店舗に足を運んで確認することにした。

その結果、パナソニック58DX950は、
■値段の割りに画質が飛び抜けていいようには見えなかった
■パネルがピカピカで、映り込みが気になってしまう
■地デジやBSのアップコン画質がいまいち
という理由で、ソニーの55X9300Dは、
■AndroidOSのせいで、CH切り替えや動きがもっさり遅くて使い物にならない
という一点で候補対象外となってしまった。

できれば今月中に決めてしまいたいと思っていたけど、さてどうしたものか。
ということで、その2に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック