2017年秋の北海道・その2

2017年秋の北海道2日目は、小樽~札幌。

画像
目的地に移動する前に、まずはエアターミナルホテルでの朝食(バイキング)をいただく。お昼や夜の食事を考えて、量はかなり抑えめにした。炭水化物はなし。左上の赤いフルーツが、コリコリねとっとした独特の食感と食べたことのない味で美味しかった。しかし、結局何のフルーツなのかわからずじまい。

ホテルをチェックアウトしたら、空港からJRで札幌まで移動する。始発駅からなのでもちろん座ることができた。新千歳空港併設のエアターミナルホテルは、値段もリーズナブルで温泉にも入れ、ロケーションもよくて、ほぼ満足できるホテルだった。

札幌からは親戚の車で小樽まで。その小樽では、小樽寿司屋通りにある有名店「おたる政寿司」で昼食に握り寿司をいただく。

画像
メニューを見ると、握り一人前\5,400とか\3,500とかが普通に載っている。恐ろしい。。。

画像
その中から選んだのは、極 -きわみ- (\3,500)。とろ、大ぼたんえび、うに、こぼれいくらに旬の三貫盛りで、旬の三貫は、北寄貝とサーモンと何か(聞いたけど忘れた)。あと、標準添付のお吸い物を岩のりの味噌汁に変更している。

この中では、大ぼたんえびと北寄貝が美味しかった~。ただ、これで\3,500はちょっと高い。多分に有名税が入っている気がする。ちなみに、単品で頼むと、うに一貫はなんと\980!

食後には、

画像
北一硝子三号館でガラス細工を見たり、

画像
小樽オルゴール堂でオルゴールの山を見たり、

画像

画像
今年の8月末に閉館になった、石原裕次郎記念館の外観を見学したりした。

画像
そのあと札幌に戻って、すすきのにある「さっぽろっこ」という居酒屋で夕食をいただく。

画像
お好みでいろいろ注文したけど、「おろしたて山わさびと焼き海苔」とか「どさんこ珍味三種盛合せ」とかが北海道ならではのおつまみで、とても美味しかった。写真は「どさんこ珍味三種盛合せ」。イカの山椒味噌、ニシン、カニの身とカニ味噌。どれも絶品だった。

天気予報では雨だったけど、小樽観光の途中からは晴れ間も出て、傘を差すことは一度もなかった。ラッキー。

ということで、二日目終了。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック