サッカー日本代表(ウルグアイ戦)

森保Japan3戦目にして、初めての強豪となるウルグアイ。スアレスはいないものの、カバーニはちゃんと来てくれている。新生日本代表がどんな戦いを見せてくれるのか、とても楽しみな一戦だ。

注目のスタメンは、東口、長友、吉田、三浦、酒井、柴崎、遠藤、中島、南野、堂安、大迫の11名。大方の予想通り、ロシアW杯のDF陣&1トップと、コスタリカ戦で輝いた若手攻撃陣3人(中島、南野、堂安)の融合がようやくこの試合で実現した。

一番読めなかったのはボランチの人選だけど、青山じゃなくて柴崎(と遠藤)を選択してきた。・・・遠藤? ここが一番意外だったかな。

先週の試合で韓国に負けているウルグアイとしては、アジア勢相手に連敗はしたくないだろうから、結構本気モードで来たはず。そのウルグアイ相手に、結果として4-3で勝ちきったのは素晴らしい。

これまでは強豪相手に、「いい試合をしたけど結局負けか引き分け」というのは何度もあったので、結果が伴ういい試合ができたのは先行きが明るいと思う。

中島、南野、堂安に1トップ大迫という攻撃陣が今後のベースになりそうだ。あとは来月の2試合で熟成を進め、来年早々のアジア杯に挑んで欲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック